乗馬クラブレアルネップ・トップページ
へ戻る
愛馬タマロンとは、1999年からのコンビで、全日本大障害飛越競技のトップライダーとなる。 2001年、2002年の
日本馬術連盟・大障害飛越ランキングNO.1を2年連続受賞。現在は、レアルネップ・オーナー&クラブ長として、クラブ
運営・指導に携わる。
乗馬クラブレアルネップ表紙へ戻る


  
 公認の乗馬クラブだから安心です。
 クラブ長プロフィール
オーナー・クラブ長 紹介

 ★1999年度
   全日本大障害障害飛越競技選手権 第3位
 ★2000年度
   日本馬術連盟 2001年度 障害部門 強化指定B 選手認定
   CSI−W栃木 日本サブリーグ・グランプリ大障害     優勝

   
東日本障害馬術大会・グランプリ大障害・標準       優勝
   
東日本障害馬術大会・グランプリ大障害 S&H      優勝
   日本馬術連盟 2000年度 総合ランキング(障害選手部門) 松下理一郎  第6位
   日本馬術連盟 2000年度 総合ランキング(馬匹部門)タマロン      第2位

 ★2001年度
   日本馬術連盟 2001年度 障害部門 強化指定B 選手認定
   
日本馬術連盟 2001年度 総合ランキング(障害選手部門)松下理一郎   第3位
   日本馬術連盟 2001年度 総合ランキング(馬匹部門)タマロン      第1位

 ★2002年度
   日本馬術連盟 2002年度 障害部門 強化指定B 選手認定
   日本馬術連盟 2001年度総合ランキング(馬匹部門)タマロン       第1位

 ★2003年度
   日本馬術連盟 2003年度 障害部門 強化指定B 選手認定
   全日本大障害飛越競技 グランプリ大障害・標準     3位
   
全日本大障害飛越競技 グランプリ大障害 S&H     4位
   全日本大障害障害飛越競技選手権              7位

 ★2004年度

   日本馬術連盟 2004年度 障害部門 強化指定B 選手認定
   全日本大障害障害飛越競技選手権 第3位
   日本馬術連盟 ドイツ・ミューレン(ポール・ショッケミューレ厩舎)障害強化合宿派遣

 ★2005年度

   
日本馬術連盟 2005年度 障害部門 強化指定B 選手認定
   日本馬術連盟 ドイツ・ミューレン(ポール・ショッケミューレ厩舎)障害強化合宿派遣
 ★2006年度

   YAMAHA TUMAGOI HORSE SHOW 人馬ランキング
   ホース・オブ・ザ・イヤー 1位 タマロン
   選手ランキング      2位 松下 理一郎



 クラブ長・主な競技実績
  松下 理一郎 (まつした りいちろう)
 ★学歴
   中央大学文学部卒業
 ★資格
   日本馬術連盟認定 A級騎乗者
   日本体育協会認定 馬術C級コーチ
   日本馬術連盟認定 馬場馬術・審判1級
            障害馬術・審判1級
            綜合馬術・審判1級
            エンデュランス・審判1級
   日本馬術連盟認定 コースデザイナー1級
   全国乗馬倶楽部振興協会認定 ブリティッシュ上級指導者 

 ★軌跡
   母親がJRA小倉競馬場の職員だったことから、小学校4年生
   から小倉スポーツ少年団で乗馬を始める。
   中央大学在学中は馬術部に所属せず、騎道苑に所属。 
   内国産馬エクセルシオール号を自ら調教し、大障害飛越競技に
   参戦。

乗馬クラブレアルネップ (2001年12公開)